講師一覧

BFS講師一覧

講師プロフィール

商品開発・集客 本業は境目研究家。BFI代表もやってます。

経営していた会社が2011年に倒産し、私も自己破産しました。会社の借金は47億円。個人保証の額は36億円にも上りました。全財産を失うことは大変でしたが、それ以上に大変だったのは社員への依存体質が身についていたことです。創業者である私は「ひとりでも生きていける」とたかを括っていました。

しかし現実は厳しいものでした。社員がいないと何もできない。会社から離れると食べていけない。その事実を突きつけられ、生きていくためにコツコツとスキルを磨きました。個人で集客するための手法も研究しました。それから5年の歳月をかけ、ようやく個人事業のベースができたのです。

今から考えれば「こうしておけばよかった」「こうやったらもっと早かった」ということがたくさんあります。その経験とノウハウを集めてつくったものがBFSカリキュラムです。

略歴
1965年 大阪府堺市生まれ
1989年 オレゴン州立大学(米国)卒業
1992年 株式会社ワイキューブ設立
2011年 株式会社ワイキューブ民事再生、自己破産
2012年 株式会社安田佳生事務所設立
2014年 株式会社ブランドファーマーズ・インク設立
現在に至る
商品コンセプト・ネーミング 教員試験に向かう汽車に乗り遅れ、先生になり損ねた男です(笑)。

「すごいですね。そんな人、なかなかいませんよ」と、よく言われます。自分では好きなことをやってきただけのつもりなので、どこかすごいのかよくわかりませんが、傍からするとそんなふうに見えるのかもしれません。

両親の願いでもあった教師への道を諦め、掴んだのがコピーライティングという一本の細い綱でした。27歳のときに独立して、早30年以上。小さいながらも自宅を持つことができ、二人の子どもも無事社会に送り出すことができました。60歳になったいまも、魂を売り渡すことなく、楽しく、そして充実した毎日を送らせていただいています。

小さなビジネスを続けていく秘訣は、自分がずっと夢中でいられることを見つける。それに尽きます。BFSで掴んだそのビジネスに、ボクと一緒に名前をつけましょう。お会いできるのを楽しみにしています。

略歴
1961年 新潟県十日町市生まれ
1984年 大学を卒業後、情報出版会社にアルバイトで潜り込む
1988年 コピーライターとして独立
2013年 新潟日報にて10回連載で活動が紹介される
2014年 株式会社ブランドファーマーズ・インク設立に参画
2021年 家内とWrite Handers株式会社を設立
現在に至る
商品開発・集客 あなたのパートナーとなるようなWEBサイト・ブログをつくろう。

初めてパソコンに触れたのは中学生の頃、父親が買ってくれたMacでした。バンドがやりたいのにメンバーが見つからず、一人Macに向かって曲をつくっていたのを覚えています。

18歳で念願のバンドを結成。つくりためた曲をメンバーたちとレコーディングし、オリジナルのデモテープを作成しました。考えてみればAdobeのIllustratorを本格的に使い始めたのは、その歌詞カード作成のときでした。

大学入学後、音楽好きがこうじて地元のクラブでアルバイトを開始。いつの間にか店長になり、毎月発行されるスケジュール冊子の編集・デザインも担当するように。文章を書くのも好きだったので、「店長コラム」みたいなコーナーを勝手に設けたりして。

「デザインもライティングも自分でやる」というスタイルは、その頃には既に確立されていたようです。

時は流れ2017年、会社を辞めてフリーランスに。ときにライター、ときにWebデザイナー、ときに小説家と、案件によって役割がコロコロ変わるカメレオン的クリエイターとして活動しています。

今回講師の話をいただいて驚きましたが、このような素敵な取り組みに関われることにワクワクしています。

略歴
1980年 愛知県生まれ
2000年 小説執筆開始
大学在学中にクラブ店長になる
2004年 単身大阪へ〜ショットバーで働く
2005年 リクルートパートナー企業に入社
ライター/デザイナーとして勤務開始
2007年 千葉支社に異動
2016年 小説『輪廻の月』が横溝正史ミステリ大賞最終選考ノミネート
2017年 小説『雌梟の憂鬱』が新潮ミステリー大賞ラスト16作品
新橋支社に転勤〜退社してフリーランス活動開始
2018年 BFIのWEBマガジンで小説『HR』連載
ファッションブランドINME始動
現在に至る
ファシリテーター 本業は大手企業で働くひとたちとの交流。BFIでは副社長です。

平凡な大学を卒業して入社したのは社員15名のベンチャー企業。そこでは中小企業経営者に対して「新卒採用」を提案する日々を過ごしました。

5年で退職した当時の私は27歳。時は2002年。サッカー好きだった私は自国開催のワールドカップにワクワクしながらスポーツバーを「開業」しましたが、素人同然のお店が繁盛するわけもなく5年で廃業しました。

2007年からは大手企業を中心とした企業人事に対して「人材・組織育成」を提案する仕事に就き、この仕事に心地良さを感じ、延べ100社を超える上場企業とお付き合いし、現在も続けています。

中小オーナー向けの仕事、個人事業主としての仕事、大手人事向けの仕事と異なる分野での挫折経験が今の私をつくっているのだなと感じます。

BFSでは受講生の気持ちに寄り添い、共に考えながら、新たな商売の旅立ちに携わりたいです。

略歴
1973年 神奈川県川崎市育ち
1997年 ベンチャー企業入社
2002年 スポーツバー開業
2004年 スイーツカフェ開業
2007年 スポーツバー、スイーツカフェ廃業
2014年 たかまり株式会社設立
株式会社ブランドファーマーズ・インク設立
現在に至る
稲垣力三
財務・会社設立 モットーはGNO(義理・人情・恩返し)。人は痛みを知ると人に優しくなれる。

長男だったこともあり、弟の面倒を見るために26歳で起業。地元の信金に融資を依頼するも学歴も経験もないため塩対応。どうしたら銀行がお金を貸したくなるかを徹底的に研究。お陰で資金調達・財務が自然と強くなった。

2008年リーマンショックで大手ゼネコン破産に伴い大きな負債を抱える。2011年の震災をきっかけに「生きているだけでも有り難い」と思い事業清算へと舵を切る。

その後は財務・資金調達の経験をいかして、監査役・社長室長・顧問などを歴任し、現在に至る。好きな言葉は「Belive in yourself ~自分を信じて諦めない~」。

略歴
1963年 東京青山生まれ
1978年 高校入学時に家族が愛知県に移住したため一人暮らしを始める
1980年 高校中退
1982年 生計を立てるためトラック運転手になる
1989年 会社設立
2014年 財務・資金調達の経験をいかして複数の企業で顧問・監査役・社長室長を歴任
現在に至る
古江里菜
サポーター みんなのサポーター

私は社員です。小さなビジネスで生活をしていません。BFSを運営するブランドファーマーズ・インクで、俗にいう、総務・経理・各種事務・クリエイティブや研修のお手伝い…等々を担当。小さなビジネスを実践している人たちと一緒に仕事をしています。

BFSでは進行のお手伝い、連絡係などを行います。

そんな私の最近の夢は、地元と東京のデュアル生活。都会大好き、満員電車すら憧れの対象でしたが、地方活性化に興味を持ちました。最近は時代変化が急激で、課題を考えている間に、次の時代にいっちゃっていることも。

ジャニーズファン歴30年。いずれこの分野で小さなブルーオーシャンもつくる予定。

変わりゆくものを受け入れ、変えたくないものも大事にしながら、小さなビジネスを始める皆さんを応援します。

略歴
1986年 富山県生まれ
2009年 大学卒業後、医者の人材紹介会社入社
2012年 ブライダル会社へ転職するも、すぐ挫折しフリーターとなる
研修会社入社
2015年 ブランドファーマーズ・インク入社
現在に至る