小さなブルーオーシャン発見コース
サムネイル画像

「脱広告」で自分だけの店舗集客モデルをつくる

お店を開業しようと決めた人の多くが、まず「どの媒体に広告を出して集客しようか」と考えます。でも集客を広告媒体に依存している限り、広告費を多く出せる大手チェーンやその他の競合との比較から抜け出すことはできません。

このプログラムでは、大手チェーンが持つことのできない「個人店ならではのこだわりや強み」と「オーナー自身の個性」を組み合わせることで、自分のお店が持つ魅力を言語化し、店外、店内、ウェブという3つのツールを使って発信していく具体的な方法を考えることで、広告に依存しない「自分のお店ならではの集客モデル」を作っていきます。

安田佳生
「【安田からの推薦】辻本さんはこんな人 「【安田からの推薦】辻本さんはこんな人

私は実店舗経営をしたことがありません。飲食店は大好きですが、そこで利益を上げるのがいかに難しいかを知っているからです。

仕入れ、商品開発、接客、コスト管理など、どれを欠いても黒字にはなりません。私から見るとそれは針の穴を通すようなビジネスなのです。

その飲食店を20店舗以上も繁盛店にしてきたのが辻本さん。店舗運営の話を聞けば聞くほどそこまで考えているのかと驚かされます。

メニューや看板への工夫はもちろんのこと、商品の絞り込みからネットの使い方まで、ありとあらゆることを考えてきた人。

自分の店のみならず、経営サポートした全ての店を成功させてきた人。それが辻本誠という人です。

将来自分のお店を持ってみたい方、やってみたけど集客に困っている方、ぜひ一度このノウハウを学んでみてください。

受講対象者
  • すでに実店舗を経営もしくは運営している
  • 物件は未契約だが、出店する商品サービスが決まっている
  • 売るための自分らしい付加価値の付け方がわからない
  • OP、看板、メニューなど集客ツールの作り方がわからず悩んでいる
ドット
1日目

自己紹介とお店紹介

1日目イラスト

個人商売の集客に影響を与えるオーナーの個性。
自分では気づきにくい個性を質問を通じて浮かび上がらせる。

個人の商売はオーナー自身の個性がその商売に大きな影響を与えます。 特に実際のお客さんと対面する店舗型の商売ではその影響は強く、その個性が集客の武器になっている場合が多いと言えます。

ただ一方では、自分の個性ほど自分では気づきにくく、自分にとっての当たり前が他人から見ると特別ということも多いのです。

この自己紹介とお店紹介では、自分が発表するだけはでなく、その内容について他の受講生からの質問を受け、その質問に答えていくことで自分だけでは気づきにくい個性を浮かび上がらせていきます。

講義:辻本誠の自己紹介(30分)
受講生の自己紹介&質疑応答(各自30分)

※時間は目安です。進行状況によって柔軟に対応します。

辻本誠 講師:辻本誠
古江里菜 進行:古江里菜
2〜3日目

お店の潜在商品を見つめ直す

2日目イラスト

他との比較からは生まれない価値を持つことで競争を抜け出す。
「お店の本当の商品とは何なのか?」

「私が売ってるのはビールです」

これは確かにお金を払ってもらう対象としては間違ってはいませんが、このままだと価格競争は避けられません。なぜなら、ビールは他のお店でも飲めるものであり、比較をするのが容易だからです。

商売が上手くいっているお店には、他のお店とは比較ができない潜在商品とも呼べる「そのお店だけの本当の価値」があり、その価値がお客さんを惹きつけています。

この回では、そんな価格競争や他店との比較から抜け出すための潜在商品「お店の本当の価値は何なのか?」をじっくりと掘り下げていきます。

講義:辻本誠の具体事例(15分)
受講生の発表&質疑応答(各自60〜75分)

※時間は目安です。進行状況によって柔軟に対応します。

辻本誠 講師:辻本誠
古江里菜 進行:古江里菜
4〜5日目

集客のストーリーを決める

3日目イラスト

店外告知、店内告知、ウェブ告知、
集客のストーリーを決めることで、ツールの目的を明確にする。

お客さんがお金を支払う「実際の商品」とお客さんが感じる「本当の価値」。

お店ではこの2つを「店外、店内、ウェブ」の各種ツールを使って告知していきますが、ここで重要となるのが、この3つのツールの役割をしっかりと意識しながら運用していくことであり、そこには集客へ繋げるためのストーリーが欠かせません。

自分のお店における各種ツールの役割を予め明確にしておくことで、この後のツール作りの大まかな方向性が決まっていきます。

講義:辻本誠の具体事例(15分)
受講生の発表&質疑応答(各自60〜75分)

※時間は目安です。進行状況によって柔軟に対応します。

辻本誠 講師:辻本誠
古江里菜 進行:古江里菜
6〜7日目

リピート率を上げる店内ツールをつくる

4日目イラスト

リピートこそ利益の源泉。
個人の接客力だけに頼らないツールでリピート率を上げていく。

「集客方法を考える」というと、新規集客ばかりが頭に浮かび、リピートに関してはお店での接客次第というお店は多いのではないでしょうか?

確かに接客次第でリピート率が変わることも事実ですが、個人の接客力だけに頼ったリピートには限界があります。

この回では、前回決めた集客のストーリーに沿った内容で店内告知をより掘り下げて考え、リピート率を上げることを目的とした店内ツールを具体的なラフ案として作っていきます。

講義:辻本誠の具体事例(15分)
受講生のツール作成(各自60〜75分)

※時間は目安です。進行状況によって柔軟に対応します。

辻本誠 講師:辻本誠
古江里菜 進行:古江里菜
8〜9日目

潜在顧客の足が止まる店外ツールをつくる

5日目イラスト

お店が提供する価値を明確に伝え顧客を絞り込むことで、
対象となるお客さんの潜在ニーズにアプローチする。

ウェブサービスとは異なり、実店舗商売ならではの集客ツールが、この店外告知と言えます。

ウェブ上の広告では顕在化したニーズに対してしかアプローチしかできないのに対し、お店の前の看板やポスターには、まだその人自身が気づいていない潜在的なニーズにアプローチできるという強みがあります。

この回では、そんな店外告知を使って、いかにお店の前を歩いている人の中から自分の顧客となりうる人の潜在ニーズにアプローチするかを意識して考え、ポスターや看板のラフ案を作っていきます。

講義:辻本誠の具体事例(15分)
受講生のツール作成(各自60〜75分)

※時間は目安です。進行状況によって柔軟に対応します。

辻本誠 講師:辻本誠
古江里菜 進行:古江里菜
10〜11日目

ウェブの役割と発信内容を決める

5日目イラスト

ウェブは安く宣伝できる便利なツール?
安くて便利だからこそ求められるレッドオーシャンから抜け出す要素。

ウェブ上の発信は、店内ツール、店外ツールとは異なり、書き換えも自由で何度でも無料で宣伝ができる便利なツール。

ただ安くて便利だからこそ情報発信のレッドオーシャンから抜け出すための取り組みが必要となります。

この回では、新規集客とリピート集客、それぞれの集客を考えた時に、自分のお店だったらウェブのどのツールが適しているのか?そこでどんな情報を発信していくのか?

こうしたウェブの具体的な構成や発信していく内容を「継続できること」を意識して決めていきます。

講義:辻本誠の具体事例(15分)
受講生のツール作成(各自60〜75分)

※時間は目安です。進行状況によって柔軟に対応します。

辻本誠 講師:辻本誠
古江里菜 進行:古江里菜
12日目

年間計画を決める

8日目イラスト

脱広告の集客に欠かせないのは、ツールの定期的な改善と継続。
「改善と継続」がしやすいように年間計画を予め決める。

毎日仕事をしていると、つい目先の仕事を優先するあまり、今すぐやる必要はないけど重要な仕事というものは先送りしてしまいがちです。

そんな困った状態にならないよう、予め年間の計画を決めておくことで、ツールの改善と継続を振り返る機会を作ります。

講義:辻本誠の具体事例(30分)
受講生の発表&質疑応答(各自30分)

※時間は目安です。進行状況によって柔軟に対応します。

辻本誠 講師:辻本誠
古江里菜 進行:古江里菜