カリキュラム
受講対象者
  • すでに実店舗を経営もしくは運営している
  • 売るための自分らしい付加価値の付け方がわからない
  • POP、看板、メニューなど集客ツールの作り方がわからず悩んでいる

- スクールからのおすすめ -

飲食店を20店舗以上も繁盛店にしてきたのが辻本さん。メニューや看板への工夫はもちろんのこと、商品の絞り込みからネットの使い方まで、ありとあらゆることを考えてきた人。集客に困っている方は、ぜひ一度このノウハウを学んでみてください。

- 講義内容 -

- 20年にわたる辻本の店舗経営経験をフルに活用して、自分のお店ならではの集客方法を手に入れよう! -

お店を開業する時、「商品開発」ばかりに意識が向いてしまう方は多いのではないでしょうか。

私自身、2002年に1号店となるバーを開業してはみたものの、せっかく商品を考えたにも関わらず、その商品自体をお客さんに知ってもらうことができず、苦労してきたうちの一人です。

そんな経験から約20年ほど店舗経営をしてきた中で実感したのは、商品が売れるためには「売り方」と「集客」もセットで考える必要があるということ。

このプログラムは、そんな店舗経営に欠かせない「売り方」と「集客」を、自分のお店にあった形で各種ツールに落とし込み、お店の魅力を伝えていく実践的な内容となっています。

これまで私が実際の店舗経営を通じて取り組んできた「具体的な改善事例」もお見せしながら進めていくプログラム。ぜひ、私の経験をフルに活用していただき、皆さんのお店ならではの「売り方」と「集客」を手に入れてください。

センパイ先生からひとこと

この実践編では、基礎編で明確になった売り方の方向性と集客ツールの活用方法をもとに、実際に店内、店外、ウェブという3つの内容に分けて、それぞれ具体的な制作物(ラフ案)を作っていきます。自分のお店のツールだけでなく、他の受講生さんのツールも一緒に考えることで、自分一人という主観だけでは見えてこなかった客観視点でツール制作を考えられるのも、この実践編のメリットです。

(この実践編では、これまで私が実際に改善をしてきたメニューやポスターの変遷、私の顧客であるお店のツールなども事例に挙げながら進行していきます)

基礎編はこちら

センパイ先生の画像

- 概要 -

1〜2日目

リピートされる店内ツールを作る

リピートこそ確実な集客方法の一つ。
個人の接客力だけに頼らないリピートツールを考えよう。

「集客方法を考える」というと、新規集客ばかりが頭に浮かび、リピートに関してはお店での「個人の接客力頼み」というお店は多いのではないでしょうか?

確かに接客次第でリピート率が変わることも事実ですが、個人の接客力だけに頼ったリピートには限界があります。

この回では、基礎編で見えてきた店内ツールの活用方法を、より具体的な内容まで掘り下げ、リピート率を上げることを目的とした店内ツールを作っていきましょう。

(この回では基礎編で事例として挙げた、私の開業時のメニューから現在のメニューに至るまでの変遷を事例として取り上げながら、ツールの作成を進めていきます)

【講義】辻本誠の具体事例(15分)
【発表】「実習生の自己紹介&質疑応答」(各自30分)

※時間は目安です。進行状況によって柔軟に対応します。

3〜4日目

お客さんの足が止まる看板を作る

お店が提供する価値を明確に伝え顧客を絞り込むことで、
対象となるお客さんの潜在ニーズにアプローチしよう。

ウェブサービスとは異なり、実店舗ならではの集客ツールが、この店外告知。

ウェブ上の広告では顕在化したニーズに対してしかアプローチしかできないのに対し、お店の前の看板やポスターには、まだその人自身が気づいていない潜在的なニーズにアプローチできるという強みがあります。

この回では、そんな店外告知を使って、いかにお店の前を歩いている人の中から自分の顧客となりうる人の潜在ニーズにアプローチするかを意識して考え、ポスターや看板のラフ案を作っていきましょう。

(この回では私のお店と私がお手伝いしているお店の看板の事例などを取り上げながら、店外告知のツール作成を進めていきます)

【講義】辻本誠の具体事例(15分)
【発表&質疑応答】(各自60~75分)

※時間は目安です。進行状況によって柔軟に対応します。

5〜6日目

種まきを意識したウェブ発信を始める

ウェブは安く宣伝できる便利なツール?
安くて便利だからこそ宣伝ばかりではない「種まき」を意識した発信を考えよう。

ウェブ上の発信は、店内ツール、店外ツールとは異なり、書き換えも自由で何度でも無料で宣伝ができる便利なツール。

ただ、安くて便利だからこそ、ついすぐに成果を求めてお店の宣伝ばかりを発信してしまいがちではないでしょうか。

この回では、そんな宣伝ばかりになってしまいがちなウェブ発信を、中長期の種まきツールとして捉え、自分のお店だったらどんな発信をしていくのが適しているのか?を決めていきましょう。

(この回では私自身の発信や私がお手伝いしてきたお店のウェブ発信事例を取り上げながら、情報発信の内容を考えていきます)

【講義】辻本誠の具体事例(15分)
【受講生のツール作成】(各自60~75分)

※時間は目安です。進行状況によって柔軟に対応します。

ドット

- 実習生 -

受講費用

198,000円(税込)

受講回数

全6回

定回定員

5名